好きなことを無理せず楽しみたい

観劇や音楽鑑賞等について思ったことをそのまま書いてます。無理せず楽しむのがモットー。

2~5月の観劇感想

2~5月の観劇感想

 

 

笑う男 @帝国劇場

見世物として口を裂かれてしまった男と、盲目の妹との愛の物語。

もっと、おどろおどろしいのを想像していたら、人の心の美しさと醜さを描いたファンタジーだった。

見た目や身体的な醜さが表現されているのだけれど、本質は人格や内面の醜さをあぶり出していく物語だった。腐っている人は最後まで腐っていたし、変わっていける人もいた。

 

浦井健治@グウィンプレン 

浦井さんのどこか品のある感じが、今は見世物として生きている口裂け男だけれど、貴族の血筋を感じられて、説得力があった。

貴族院で、笑う男として道化を歌うシーンは鬼気迫るものがあって客席でゾクゾクした。

帝劇のセンターを何度も経験されている方なのに、とても自然体で、不思議な魅力のある役者さんでした。とても好き。

・真彩希帆@デア

きいちゃんが観たくてチケットをとりました。

天使が目の前に現れたらこんな感じなのだろうという位、純白な存在だった。

カテコで、武士みたいにちゃきちゃき話し出すからギャップが面白かった。

歌声が本当に澄んでいて大好き。

・吉野圭吾@デヴィット・ディリー・ムーア卿
相変わらず没落貴族が上手すぎる。退廃的な色気、歌声も佇まいも全部好きです。

石川禅@フェドロ

艶やかな歌声と暗躍する姿が格好良かった。情があったのか無かったのか…。彼なりの復讐だったのか。

大塚千弘@ジョシアナ公爵

迫力美魔女役がとても似合っていた。肉食系女子からの、自分を見つめて生き方を決めていったのが格好良かった。

 

 

ミュージカル ボディーガード @国際フォーラム

・柚希礼音@レイチェル

体格がグラマラスだから、こういう欧米女性が似合う!

ショーのシーンは流石の迫力と華やかさ。観たいちえさんが詰まっていた!

ひたすらかっこ良くって、愛情深いレイチェル。

・大谷亮平@フランク

ひたすらスマートでイケオジだった。

歌うか・・・?と思ったら歌わなかった笑

途中、音痴に歌うところがあったのですが、何の曲分からず、その後レイチェルが歌ったことによってI will always love youだということに気づいた笑

 

千と千尋の神隠し @帝国劇場

今年始まって3ヶ月時点ですが、一番良かった!と思えるくらい素晴らしい作品でした。私は、油屋にいた。

敢えての人力での表現。

橋本環奈ちゃんの千尋が走り方から所作までひたすらジブリだった。

三浦宏軌くんのハクさまも、バレエが生きて優美だし、白龍に変わるときのジャンプとターンは神がかっていた。

妃海風ちゃんのリンも好きだ~

橋本さとしさんのかまど爺も最高。夏木マリさんの湯婆婆も最高。カオナシもダンサーさんが演じる故の魅せ方。最高しか出てこない。

ジョンケアードさん演出でミュージカルで無かったのに驚いたけれど、ミュージカルで無くても全然違和感なかった。

 

ミュージカル『刀剣乱舞』 ~江水散花雪~ @配信

しょたろがとても立派になって………TT

歌声もお芝居も、立ち居振る舞いも極めていました。極の格好で登場したときは「よっ!兼さん!!」と心の国広が叫んでた。かっこ良くってつよ~~い兼さんだった。

まんばちゃんがとっても良かった!日銭を稼ぐまんばちゃん可愛い。歌声が好み。

大包平が凄くしょたろの兼さんにそっくりで、ひたすら声がでかくて凄い。

肥前くんはいい突っ込み。

放棄された世界、物語の核心に迫ってきて、ドキドキする。刀が自我を持ち、歴史を守る任務を通して、個人の意思を持ち、世界の謎を解き明かしにゆくんだね。

最後の最後に刀剣乱舞歌うのもいいね・・・!

幕が下りるときの紙吹雪美しかった。血しぶきが花吹雪で美しいと思ってしまった………やるせないけれどこれが史実か。私はにゃんせんでいたい。

1幕最後皆で座ってお辞儀してたの、粋でした。

2部はゴリゴリロックな曲で好きだ。兼さんの衣装が黒燕尾みたいで格好良すぎるし、足が長すぎる。遂に兼さんのソロ曲があったのも感動。

漢道だったのもびっくり。

小竜くんが影武者使って出演されてた。これはこれで新しい魅せ方。本当にお疲れ様でした。真剣乱舞祭でも素敵でしたよ。

 

古川雄大 The Greatest Concert vol.1 -collection of musicals- @IHIステージアラウンドシアター

個人的にいい音響のホールで聞きたかったかもです笑。

まさかのクールヘッド@レディ・ベス歌ってくれたの嬉しい。

そして、テニミュの曲も歌っていた。私は1789からしか知らないけれど、当時から押している人は感動ものなのでは?

ロミジュリもレディ・ベスも、エリザベートもマリーアントワネットも、モーツアルトも1789網羅してて、なんかもうありがとうございますという気持ち。

1789大好きなので、がっつり踊りながら「誰のために踊らされているのか」歌ってくれたの嬉しい!

♪おーそれとー恨みに満ち
の後、思わずダブルクラップしたのは1789ヲタの私です。
誰のために踊らされているのか?本当に好き過ぎる。めちゃくちゃ音程難しいけれど。
フレンチロックミュージカルは音域も音程も過酷である。

お衣装はひたすらプリンスで、男版男役みたい。ひたすらノーブル。

ゲストの麻璃央くんもとても良かった・・・!闇が広がる・マブの女王も聞けたし、お声の相性が良すぎた。Wロミオ。

まりおくん、更にお歌が上手くなってたし、貫禄が凄かった。
自信持って堂々としてるの。しかも、るろ剣の稽古充実してるってキラキラしてるのも良かった。小池先生、怖いで有名だったから、こてんぱんにされているのでは?と心配だったのですが、外部では優しいのかな。

ルドルフは若手の登龍門だもんね。芳雄さんやいくさぶさん、万里生さんだってそうなのに、すっ飛ばしてルキーニ凄いよ~
今度のリベンジエリザは必ず観たい。チケ取り頑張る。

 

ゆんたくて話し出すとふわふわゆるゆる面白すぎて、トークが面白すぎた。
脇汗パッド事件ね。一番おかしかったの。ひとかけらのゆうきを歌ってる最中にひらっとなにか紙が落ちて、なんだろうと思ったら靴で踏んでくっついたから、いよいよ何かと。
トークセッションでもう一枚落ちてきて、それは本人気づいたらしく「これは…脇汗パッドですね」「なぜこのタイミングで…」「どこかでもう一枚落ちてくるかもしれないです」というのがもうwww
靴で踏んで回収したのは天然だったんかいw
もう一枚はあなたの靴の裏にありますw

せっかくスカピン歌ってくれてたのに、集中できなかったw

 

胸が満たされた。ミュージカル音楽大好き!

 

宝塚歌劇 宙組公演 ミュージカル『NEVER SAY GOODBYE』-ある愛の軌跡- @東京宝塚劇場

うううう…
コーラスの宙組最高。

今の情勢に重なる部分もあって、なんとも、泣きたくなる瞬間がある。
群像劇好きとして、ネバセイ胸が熱いです。
ファシズムとの戦いも、マタドールを捨てて故郷に残ったききちゃんも、それをカメラに収めるまかじぇも最高に熱い。
潤花ちゃんのこういう知的で芯のある女性、好き
ロバート・キャパ思い出してしまった。


漢・真風涼帆さんの真骨頂が過ぎて…
私は今日も真風に抱かれた。客席全員、性別関係なく抱かれた。

成熟された男役の、真風涼帆さんのお芝居が胸に刺さりまくってもう、キャサリンと一緒に涙拭われてる気持ち。
そして、キキちゃんの安定感。
ずんちゃんの悪役もとても良き。
すっしーさんの男性役、久しぶりに観た。やはりジェントル。

ジョルジュが求めた戦争の真実、それを託され生き延び、記録として残したキャサリン
ネバーセイグッバイで分かれるシーンが本当に堪らなかった。
小池修一郎先生✕フルンクワイルドホーン先生の組み合わせなんて、私のどツボすぎて、客席でこのまま息絶えてもいいと思った。
スペインが舞台だからさ、ショーレビューがフラメンコ調なのよ。情熱的で哀愁があって、その音楽にのせて真風しと潤花さんが大人の艶やかさをまとってデュエダンするのがもう眼福過ぎて…思わず手を握り締めて観てました。
イケコの作品だから、最後のショーレビューの流れは決まり切っているのだけれど、マタドールが嫌いな女子いる?いないでしょ。
大階段を使って劇場奥から手前までの立体的なフォーメーションに、まるで天の川のようにマタドールとフラメンコが並び、ムレータを翻すシーン舞台からの迫力と熱が淒過ぎて、拍手が止まらなかった。
あれは、宝塚歌劇団だからこそのシーンだよね。いやもう、浴びた!

戦争の真実、見てる目線によって真実は様々で、この物語は、ジョルジュとキャサリンの目で見た、感じたものを真実として、それを追い求めた物語なのだと。
今の情勢と重なる部分があり、思いを馳せるときもあった。私が今見ている世界も、真実は違っているのかもしれない。宙組を観た後の多幸感と充足感。
本当に素晴らしかったな。
組子全員を見たいけど目が足りないし、気づくと真風氏を見てしまう。
アナスタシア辺りから何かが変わった?煌めきが違う。
これでもか!というくらい真風さん娘役をリフトしまくってたのですが、本当に体大事にしてね…

生徒さん、演じるのしんどくないかな………とか色々思いも巡らす、そんな物語でした。上演が決まった当初、こんなことになっているなんて、誰が想像できたのでしょうか。

 

皆で歌おう、王家に捧ぐ歌(他作品)

 

新調された東京宝塚劇場の椅子の座り心地が最高でした。

ネバーセイグッバイ、観ることができて本当に幸せでした。

 

 

メリー・ポピンズ @東急シアターオーブ

ひたすら楽しい舞台でした。一緒に歌って踊りたい。
でも、振りが真似できるレベルではなかった(笑)
本当に、忘れないよ、メリー・ポピンズ
笹本玲奈さんのメリー・ポピンズ、本当にバラ色のほっぺ、所作も美しくって、最高の子守でした!
大貫勇輔さんのバートも、ダンスがすんばらしすぎて、可愛くて、愛おしくて、もう無理。
こどもたちが、本当にお芝居上手!
歌も踊りも、親に生意気な感じも、本当に凄い!
最後のメリー・ポピンズが傘をさして飛んでいくシーン、まさか自分の頭上に飛んできてくれるなんて思わないじゃんか。
客席の3階席の更に奥の暗闇に消えていった…。
舞台美術、照明と飛び出す絵本のよう。モノクロの世界からメリー・ポピンズがきっかけで色付いて行くの本当に心躍ったし、ダンスも大勢で楽しいし、スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャスが楽しすぎて楽しすぎて。
所々どうやってるのか気になる仕掛けも沢山あって、ひたすら楽しかった!
ワクワクが止まらん。

あらし担的には、MJウォークと国立でやった頭上フライングがあったので、懐かしい気持ちにもなった。
それにしても、笹本玲奈さんがとてもお芝居も所作も、衣装の着こなしも、ダンスもメイクも最高すぎて、本当に大好きが増しました。
本当に好きです。

ぬっきーさんのダンスも大好きなので、これでもかと言わんばかりに踊りまくるぬっきーさんが浴びられて、幸せすぎました。

 

 

 

2021年観劇等まとめ

2021年のまとめ

コロナ禍になって、ほぼ配信メインだった2020年。

2021年は劇場での観劇が出来、幸せを噛み締めまくってました。

 

色んな事が変わり、その時々感じた事を記録にちゃんと残したかったなぁ。プラベが忙しすぎてアウトプットする気力が無かった。

 

以下振返り。

★劇場/●配信/○ライビュ/■テレビ/△映画

 

 

1月

  • 壽乱舞音曲祭★○●
  • May’n 15th Anniversary Monthly Concert「1 to 5 -POP-」●
  • 演劇の毛利さん『夜間飛行』●
  • 演劇の毛利さん『星の王子さま』●

緊急事態宣言発令で在宅ワーク100%開始。運用の整備などに奔走し、仕事でボロボロだったので、仕事終わっては壽乱舞音曲祭の配信に駆け込み、エネルギーチャージしてました。

流司くんの誕生日公演だけ現地入り。嬉しかったな。

歌もパフォーマンスも進化してて、シンプルに見応えがあった。友達とも、本当に皆上手くなったねと感動してました。

部長は15th配信ライブ。最高のパフォーマンスだったけど、やはりライブはその場を共有したいとも強く感じました。

演劇の毛利さん、星の王子さまな流司くんがハイパーキュートでした。

 

2月

とても久しぶりな宝塚生観劇。宙組の底力、コーラスの迫力、真風氏とまどかちゃんのお芝居がとても良かった。のに直後にまどかちゃん花組異動で衝撃を受ける(笑)

濱マイクでは、朗読劇なのに華やかでギラギラな推しに惚れ直すばかりでした。良い声。

お兄ちゃんしてるの可愛かった。

 

3月

  • おしゃれの答えが分からない■
  • ミュージカル刀剣乱舞 東京心覚★
  • May’n 15th Anniversary Monthly Concert「1 to 5 -ROCK-」●
  • 笑ゥせえるすまん★

ドラマでは普通の大学生役。結構好きな役でした。本当、流司くんのシンプルなお芝居が好きなんです~。

心覚は、今までの伏線に対して一つの答えが出て、エールがもらえたような物語だったな。

そして、1年越しの笑ゥせぇるすまん!楽しすぎて狂ったように品川通った(笑)喪黒福造にときめく時代が来るとは思わなかった。

 

4月

引き続き喪黒福造に狂った春。

念願のモーツァルト。ゆんたくんの、ダメンズ具合がピッタリ過ぎて、とても良かった。

僕こそミュージックが大好きです。

 

5月

  • Live2021 “Last indies” 〜Steal your xxxx〜 オンライン prologue●
  • Live2021 “Last indies” 〜Steal your xxxx〜 オンライン 衝●
  • Live2021 “Last indies” 〜Steal your xxxx〜 オンライン 撃●
  • ロミオとジュリエット宝塚歌劇団星)★
  • メリリー・ウィー・ロール・アロング★
  • ロミオとジュリエット(外部版)★
  • May’n 15th Anniversary Monthly Concert「1 to 5 -MUSIC-」●
  • REAL⇔FAKE オンラインイベント●

謎のGW緊急事態宣言のせいで、ブロビラストインディーズライブが配信になったのは後世まで恨みます。でも、3日間全く違うものを魅せてくれて、楽しかった。

大好きなロミジュリが日本初演だった星組に戻ってきたこと、当時"愛"を演じてたまこっちゃんがロミオ演じてくれた事、何もかもエモ過ぎて「いつか」を聞いて泣き、「世界の王」を聞いて泣き…みたいな感じでした。

まりおくん主演のロミジュリも観ました。まりおくんは陽なイメージでしたが、悲劇やシリアスな芝居があんなに合うなんて思わず感動しました。死のキャストが変わってしまったのが寂しかったなぁ。

 

6月

なにも事前情報がなく始まったジパオペ。初日は困惑の方が上回った(笑)最終日にはお客さんもメンバーも感覚を掴んだ感じ?本当、ゼロから作り上げる感にヒリヒリしました。

ジャニ派な私がLDHにこんなに触れるようになったの不思議。

花組さんは蘭蘭コンビ以来なので、10年ぶり観劇でした。

ブロビのオンラインイベント、HAKUEIさんが流司くんとディズニー行きたいという愛しかないエピソードに、ニヤニヤしました。

 

7月

  • ハレヴタイリリースイベント●
  • ACTORS★LEAGUE★
  • ジェイミー覗き見会●

ACTORS★LEAGUEが本当に楽しかった!

久しぶりに皆でスポーツ観戦できたのも、舞台俳優ファンのみんなと一緒に応援できたのも幸せだった。楽しそうに夢の舞台で野球してる俳優陣が微笑ましい。まりおくん本当に凄い。

ジェイミー除き見会で、期待に胸を膨らませてました。

遂に、ブロビメジャーデビュー。テレビ出演も多く、原宿の大きなゴスロリ看板とか初体験な事も多くて、楽しかったです。とにかく、HAKUEIさんの愛の深さ、流司くんの愛くるしさにキュンキュンしました。

 

8月

  • ジェイミー★

8月はジェイミーに生きた一月でした。本当に楽しかった!ストーリーも大好きでしたし、沢山励まされた作品でした。メイフィールドにずっと居たかった。

とうこさんやみりおん、圭吾さんと同じステージに流司くんが立っているのも胸熱案件だった。

こういうストプレミュージカル、もっと出て欲しいです!劇団☆新感線とかも出て欲しい!!

 

 

9月

  • ジェイミー★
  • リトル・ショップ・オブ・ホラーズ★
  • ジャック・ザ・リッパー
  • REON JACK 4★
  • シャーロックホームズ/デリシュー★
  • 黒羽麻璃央バースデーイベント●
  • The Brow Beat LIVE 2021「Let’s play harevutai, shall we!?」★

生き急いだ9月ってくらい色々観てた。

ジェイミーで各地を遠征したのは良い思い出。

リトショも1年ぶりのリベンジ。初鈴木拡樹さんで感動しました。

レオンジャックも念願の生観劇。一生の思い出。

デリシューも楽しかった。1、2を選ぶくらい好きなショー。

まりおくんのBDイベントに出てくれたのもエモかったなぁ。この二人の並び好きなので、もっと共演して欲しい〜。なんか、流司くんがまりおくんのまえだとちょっと弟感?甘えん坊出すの可愛いねん。レアで愛しい。

で、約2年ぶりのブロビ生ライブ!!最高に楽しかったです!!

翔さんの結婚発表もこの月か。なんかとても濃かったな…(笑)おめでとうございます!

 

10月

  • The Brow Beat LIVE 2021「Let’s play harevutai, shall we!?」★
  • ハレヴタイリリースイベント●
  • ミュージカル刀剣乱舞 静かの海のパライソ★

ブロビのライブ、スタンディングで拳上げながらみんなで空間を共有出来たのが、本当に幸せすぎた。

今度は音響良いところで聞きたいな(笑)

パライソ、本当に素晴らしいミュージカル作品でした。見応えがあり楽しかった!

 

11月

  • LIVE TOUR V6 groove●
  • 昨日なに食べた?△
  • ZIPANG OPERA オンラインリリースイベント●
  • ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM Record of Memories●
  • GREASE★
  • マイ・フェア・レディ

V6兄さんのラストを見届けました。1つの時代が終わった感。職場のジャニヲタ達(他G担)皆で、V6兄さんを見送ったの楽しかった。

嵐のライブフィルム、本当に素晴らしかった。いろんな方に見て欲しいです。Dolbyシネマの音響と映像の迫力に感動。

ジパオペにより、推しが2度目のメジャーデビュー(笑)

マイ・フェア・レディ、さーやのイライザが大好きで、歌声がお芝居が大好きで、つらい時期にたくさん元気をもらいました。舞台に立つさーやが、私は本当に大好きです。

 

12月

ナルステ新作!キャストがみんな入れ替わり寂しさもあったのですが、新ナルトの中尾くんが本当に良くて、君ならりゅじスケ任せられるよという気持ち←

りゅじスケは若返った…?前髪があるせいかかわいい。アクション、殺陣も勿論ですが、歌声の抑揚とかお芝居とか、更に良くなってめっちゃ好き。

ナルトとサスケの対比が鮮やかで、ラスト二人が交錯し対峙するシーンが最高に熱くて、座席で震えました。

来年、新作やることが決まってるので楽しみ!ラストまで一気に駆け抜けるのかな。

最後、サクセス荘の映画で締め。ワイワイハッピーストーリーで気持ちの良い現場納めになりました。

 

 

こうやって振り返ると、凄く濃い一年だったなぁ…。

仕事や世の中も大きく変わり、怒涛でした。頑張った自分偉い。

流司くんに本当に多方面で楽しませて頂いたので、嵐のいない世界もなんとかなったし、辛い仕事も耐え抜けた。悲しいこと、お別れも沢山ありましたが、出会えた喜びもたくさんあった。

エンタメはパワーだと再認識しました。

 

来年も楽しみ沢山。

これからも、無理せず程々に楽しむをモットーに生きます。

 

それでは、良いお年を!