好きなことを無理せず楽しみたい

観劇や音楽鑑賞等について思ったことをそのまま書いてます。無理せず楽しむのがモットー。

SWAN LAKE

 

 

SWAN LAKE

 

f:id:chac0117:20190818194235j:plain

f:id:chac0117:20190818194242j:plain

 

他のシリーズも観たくなりました。

 

 


オーチャードホール久しぶりに来たけど、見にくい席配置なことを忘れてた。段差があんまりなくて椅子も真っ直ぐ並んでるから、前の席の人の頭が凄い視界に入る。それが残念。


バレエと言うか、前衛的な身体表現でした。

白鳥役:ウィルさんの体の動きと跳躍力、魅せ方全てがダイナミックだったり、セクシーだったり、繊細だったり、優雅だったり、素晴らしかった。

ひたすら雄白鳥の肉体美を堪能。女性陣のレオタード姿とチュチュに夢と憧れがある自分としては、それが全く無い舞台に驚き。それでも没頭して見入ってしまった。

改めてWillさんの白鳥のダンスが目に焼き付いて離れない。
舞台に登場すると目が惹きつけられた。圧倒的な存在感。魅せる力が素晴らしかった。技術もきっと凄いのだろうし、体つきも綺麗で、跳躍した時の高さと滞空時間の長さに驚いた。力強くて圧倒的な雄白鳥だった。

2幕で、舞踏会に参加する女性たちをダンスで魅了していくシーンのセクシーさと、ダイナミックで情熱的な様にドキドキした。会場皆があの場面、虜になってたと思う。タンゴのシーンとか席で震えた。

最後、傷だらけになりながら皇子を守る雄白鳥の、果敢で健気な姿も印象的。


人種的な話になってしまうけれど、こういう海外キャストの舞台を観ると、体格的にも大きくて筋肉の付き方も力強さも手足の長さも、東洋人には無いものを最大限に生かして磨いたパフォーマンスって、迫力があるなと。圧倒されてしまった。生まれ持ったものによる表現の違いというのを感じた。
身体能力だけではないけれど、表現の情熱性とか”個”で魅せる部分で圧倒された。

一方で、群舞の時はやっぱり日本のダンサーさんたちの指先や衣装の翻りまで息の合ったダンスに鳥肌を覚えるわけでして、そういうところは私は日本のステージも好きだ。
特に宝塚は肉体的には男性の迫力は出せない分、群舞での魅せ方は一級品だと思うし。


国内とかジャンル問わずいろんな作品や表現に触れてみたいなと思った次第でした。伝統的なものから前衛的なものまで。実際に自分で見て、触れてどう感じるかを大切に鑑賞したいな。


マシューさんの作品、シンデレラとかも観たかったな~また公演して欲しいです。

 

 

 


マシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』開幕直前!キャストインタビュー